美容室Wiz(美容院・ヘアサロン)

千葉県の美容室・美容院・ヘアサロンwiz

髪のプロが教える『シャンプー&トリートメント』テクニック セルフヘアセット

ご自宅でやる正しいシャンプー・トリートメントの方法です。正しいホームケアで美髪を保ちましょう☆

Wizではシャンプー・ブローメニューも行っております。
¥1620~(店舗によって異なります)
  • step01
    まず髪の毛を濡らす前にブラッシングをします。 シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケが落ちるので洗浄効果がアップします。 髪のもつれを解いて、洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。(スタイリング剤で髪の毛を固めてる場合はブラッシングは行いません)
  • step02
    髪の毛を濡らしていきます。 お湯の温度は熱すぎてはNGです。体温に近い38度くらいが理想的です。 シャンプーを効果的にしていくには、最初の流しがとても大事になります。 お湯を全体に行き渡らせます。 襟足部分が濡れてないことがあるのでしっかり濡らしていきます。
  • step03
    ご自分の髪質・頭皮にあったシャンプー剤であらいましょう。 何を使ったらいいか分からなければお気軽にご相談ください。
  • step04
    長さ量に応じて使用量を変えていきます。 今回のモデルさんはショートなので100円玉くらいの大きさを使います。 頭皮につけていきます。
  • step05
    耳の上あたりからゆっくり回すようなかたちで泡立て行きましょう。
  • step06
    徐々に泡立ってきたら中間から毛先まで泡を行き渡らせます。
  • step07
    髪の長い人は、泡が襟足まで行き渡りずらいので、全体に行き渡るように心掛けてください。
  • step08
    手を大きく開いて爪先ではなく、指の腹でマッサージするように地肌を洗っていきます。 汚れを落とすことはもちろんですが、よくマッサージして血行を良くしていきます。 全体をくまなく洗えたら流します。 すすぎにかける目安の時間はシャンプーにかけた時間の倍はすすいで流し残しがないようにしましょう。
  • step09
    すすぎ終えたらトリートメントをつけていきます。 長さ・量に応じて使用量を変えていきます。
  • step10
    シャンプー剤とは違い、トリートメント剤は根元にはつけません。根元からつけてしまうと乾きづらい原因になりますので間違えないように気を付けましょう。
  • step11
    毛先から中間にかけて少しずつ付けていけば十分です。 付け終えたらすすぎます。 すすぎにかける時間はぬるぬる感がなくなる位まですすげば大丈夫です。
  • step12
    シャンプー・トリートメントが終えたら、ドライヤーで乾かしていきます。 乾かす前にアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)をj毛先から中間に付けてから乾かします。
  • step13
    乾きづらい襟足の根元から乾かしていきましょう。 ドライヤーの風は後ろから前に向かって当てていくと根元の生え癖もまとまりやすくなります。
  • step14
    仕上がりです。 お湯の温度だったりブラッシングだったりと少し意識するだけで健康の頭皮、艶やかな髪になります。 是非参考にしてみてください♪
  • step01
    まず髪の毛を濡らす前にブラッシングをします。 シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケが落ちるので洗浄効果がアップします。 髪のもつれを解いて、洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。(スタイリング剤で髪の毛を固めてる場合はブラッシングは行いません)
  • step02
    髪の毛を濡らしていきます。 お湯の温度は熱すぎてはNGです。体温に近い38度くらいが理想的です。 シャンプーを効果的にしていくには、最初の流しがとても大事になります。 お湯を全体に行き渡らせます。 襟足部分が濡れてないことがあるのでしっかり濡らしていきます。
  • step03
    ご自分の髪質・頭皮にあったシャンプー剤であらいましょう。 何を使ったらいいか分からなければお気軽にご相談ください。
  • step04
    長さ量に応じて使用量を変えていきます。 今回のモデルさんはショートなので100円玉くらいの大きさを使います。 頭皮につけていきます。
  • step05
    耳の上あたりからゆっくり回すようなかたちで泡立て行きましょう。
  • step06
    徐々に泡立ってきたら中間から毛先まで泡を行き渡らせます。
  • step07
    髪の長い人は、泡が襟足まで行き渡りずらいので、全体に行き渡るように心掛けてください。
  • step08
    手を大きく開いて爪先ではなく、指の腹でマッサージするように地肌を洗っていきます。 汚れを落とすことはもちろんですが、よくマッサージして血行を良くしていきます。 全体をくまなく洗えたら流します。 すすぎにかける目安の時間はシャンプーにかけた時間の倍はすすいで流し残しがないようにしましょう。
  • step09
    すすぎ終えたらトリートメントをつけていきます。 長さ・量に応じて使用量を変えていきます。
  • step10
    シャンプー剤とは違い、トリートメント剤は根元にはつけません。根元からつけてしまうと乾きづらい原因になりますので間違えないように気を付けましょう。
  • step11
    毛先から中間にかけて少しずつ付けていけば十分です。 付け終えたらすすぎます。 すすぎにかける時間はぬるぬる感がなくなる位まですすげば大丈夫です。
  • step12
    シャンプー・トリートメントが終えたら、ドライヤーで乾かしていきます。 乾かす前にアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)をj毛先から中間に付けてから乾かします。
  • step13
    乾きづらい襟足の根元から乾かしていきましょう。 ドライヤーの風は後ろから前に向かって当てていくと根元の生え癖もまとまりやすくなります。
  • step14
    仕上がりです。 お湯の温度だったりブラッシングだったりと少し意識するだけで健康の頭皮、艶やかな髪になります。 是非参考にしてみてください♪