• ヘアケア支持率No.1
金子奈津子
スタイリスト
 Before After 一覧
金子奈津子
スタイリスト
 Before After 一覧
普段のお手入れがしやすい、再現性の高いカット、カラー、パーマ等を心掛けています。骨格や髪質、ダメージなどのお悩みや、スタイルチェンジ等なんでもご相談下さい!
担当者の詳細を見る 担当者の投稿をもっと見る

このスタッフの書いた記事一覧

写真:Before 写真:After
地毛に近いカラーとインナーカラー

カットは、毛先を3センチ程カットし、表面にレイヤーを入れ、少しウルフ系にしました。毛量調整をし、収まりも良くなりました。 カラーはまずインナー部分をブリーチし、そのままブリーチ以外を地毛に近い色を塗布し、一度流してからブリーチの所にベージュ系のカラーをしました。 仕上げは32ミリのコテでミックスに巻きました。コテで巻くと動きがでてインナーもより見えて、オシャレ感が更に増します。

写真:Before 写真:After
ショートスタイルのデジタルパーマ

前にかけていた時はデジタルパーマの方が持ちが良かったとの事でしたので、今回もデジタルパーマでゆるふわに、上の方から全体的に動きをつけました。 デジタルパーマは乾かした方により雰囲気を変えられるのと、立体的なカールが出せるので、ショートスタイルにもおすすめです。

写真:Before 写真:After
トリートメントストレートでうねり対策

トリートメントストレートは、強すぎるくせは伸びませんが、うねりを落ち着かせてくれます。こちらのお客様は、髪質は柔らかく、比較的細いので、トリートメントストレートでもキレイに伸びました。 カラーはまだ1ヶ月しか経っていないので、根元のリタッチをしました。 ストレートがかかっていると、梅雨など湿気の多い時期や場所でも広がりにくくなります。

写真:Before 写真:After
白髪を目立たせないメッシュ

ブリーチをすると、メッシュが目立ってしまうので、カラー剤の1番明るいカラーで全体的にメッシュをしました。 前の白髪が少し多い部分は、白髪部分を残し過ぎてしまうと目立ってしまうので、バランスをみて白髪にもメッシュをして、ぼかしました。 カットは、襟足が重いのと、表面は伸ばしたいので、ツーセクションでカットし、上から被せて収まりよく、楽にスタイリング出来るようにしました。 前回のパーマが少し残っているので、乾かしてワックスをつけるだけでふんわり仕上がります。

写真:Before 写真:After
ロングヘアのハーフアップ

26ミリのコテで、しっかりめにミックスで巻いてから、くるりんぱと三つ編みをし、バランスをみながら毛束を引き出して、ふんわりと立体感を出し、華やかで可愛いハーフアップにしました。 ロングヘアのセットは、コテでしっかり巻く下準備を怠ると崩れやすくなるので、下準備をしっかりとすることが大切です。

写真:Before 写真:After
グラデーション部分を全部カットしてボブに

グラデーションがある部分までカットし、仕事中は結びたいそうなので、肩につくくらいのボブにしました。 毛量は多い方なので、軽くして、乾かしやすく、まとまりやすくしました。 グラデーションにする時も、就職の事を考えて、あまり範囲を広げなかったので、結べるくらい残しても、ブリーチ部分をキレイにカットする事が出来ました。