このスタッフの書いた記事一覧

写真:Before 写真:After
赤味を消す柔らかなオリーブカラーです♪

ストレートアイロンのダメージや、繰り返しているカラーによるダメージがあったので、弱めにじっくりことことブリーチをしていきます。 この時点でなるべくムラをなくす為に、ブリーチの強さを変えながら塗布しました。 そして、イルミナカラーのフォレストをベースにオンカラー。 赤味は消えて柔らかさのあるオリーブアッシュになりました^^ アッシュのなかでもオリーブ系の色味は知的な印象で、素敵ですね^^ 派手過ぎない、透明感のあるダブルカラーを是非やってみてください^^

写真:Before 写真:After
ばっさりショートボブスタイル☆

重めぱっつんボブもかわいいですが、軽い雰囲気のボブレイヤーも今どきでとても可愛いですね^^ ボブスタイルにも触覚をつくると、周りとは違う雰囲気も出てアクセントになりますね! 黒髪でも重くなりすぎないので、イメチェンをしてみたい人は是非!

写真:Before 写真:After
まだまだ人気!漢のフェードスタイル!

0ミリから繋げたフェードスタイルに。 トップは遊びを残して好きにできるようになっています。 ジェルワックスで程よい動きとツヤ感を足しました。

写真:Before 写真:After
色味深めのカラーで秋感をプラス。

そのまま被せても綺麗な色にはならないので、一度パワーを弱めに弱めたブリーチで色を落としました。 その上から深ーいネイビーをオンしました。 落ち着きのある秋カラーへとチェンジです。 同じ青系統でも明度、彩度の違いで季節感も変わります^^

写真:Before 写真:After
レッドでホットなカラー

攻めたブリーチでしっかりと土台を作りました。そしてはっきりとした色味が欲しかったのでカラーバターでオンカラーをしていきます。 ただの真っ赤より、強めにしたかったので少しワインレッドよりにしました。

写真:Before 写真:After
ぱきっとオレンジカラー

インナーのブリーチ部分はじっくりことこと抜いてカラートリートメントではっきりとしたオレンジ色にしました。 かぶせのカラーはアッシュベースにして少し暗くすることでインナーとの差がわかりやすくなるようにしました。 日々のアイロンダメージが少なかったおかげでチリチリになる事もなくきれいに染まりました^^

写真:Before 写真:After
コンパクトBOB

えりあしに生え癖もなかったのでかなりギリギリからカットしました。少し前下がりにすることで、自然にお顔に沿いました。 コンパクトなボブで間延びすることなくコロンと可愛らしい雰囲気です。

写真:Before 写真:After
ラベンダーカラーで格好よく可愛く

ダメージや、先のことを考えてブリーチはグラデーションに染めていきました。 こうすることで、伸びてきたときの根元が少しぼやけて気になりにくくなります。 忙しくてなかなか美容室に来れない時にはおススメの染め方です。 色味は色落ちを想定して紫が少し分かるくらいに染まりました。 ドンピシャな色味だと色を楽しめる期間が少し短くなってしまうので、長く楽しめるようにしました。 そして仕上げはコテで巻いて仕上げることでグラデーションカラーを活かしてみました。

写真:Before 写真:After
一度のブリーチでミルク増し増しミルクティーカラー

サイドと襟足は刈り上げですっきりに仕上げました。 少し膨らみやすいとのことだったのでマッシュも耳にかかるくらいの長さで重めに。 ブリーチは刈り上げの部分を外すことでメリハリのあるスタイルにします。 オンカラーはブラウンにクリアを入れることで透明感を出し、紅茶部分が主張し過ぎないように調節して、ミルク感を強めに出しました。 一度のブリーチでもしっかりと塗ることで明るく仕上げました。

写真:Before 写真:After
心躍る軽やかボブ

やや前下がり気味に切ることで自然なボブになるようにカットして、念願の外ハネボブにスタイリングしました。 元々ダメージで茶色くなっていた部分も大半を切ったので手触りも見た目も変わりました。 今まで長かった分、短くなって軽い爽やかな印象にガラッと変身です。 季節も暖かくなってきたのでばっさりショートカットも凄く人気です^^

写真:Before 写真:After
欲張り紫のグラデーションカラー

根元の方を濃い青紫でしっかりと色を入れ、毛先に赤紫を入れました。 カラーバターやカラートリートメントを使わず、カラー剤で仕上げる事で繊細でどこか大人な紫色の仕上がりになりました。 はっきり鮮やかに出す色も綺麗ですが、大人な派手髪らしく静かにさりげなく主張するカラーもより洗練されていて素敵ですね。 仕上げは外ハネのワンカールで大人っぽくなりすぎないように。遊び心も忘れないようにしました。 春という事で明るいカラーにされる方も多いですが、染めたては暗めのカラーで色落ちを楽しむのもアリ…