検索

Q&A

Q.髪がべたっとしないWAXのつけ方♪
A.よくお客様からも質問のあるWAXの上手なつけ方のお話をしたいと思います。 毛先に軽やかな動きや束感を表現したい場合、WAXによるスタイリングは最適だと思います。 しかし自分でスタイリングしてみると、ベタッとしたりうまくボリュームや動きが出ない事ってよくあるのではないでしょうか?  そんな経験のある方は、次のつけ方を実践してみて下さい。 一度にWAXを大量につけるのはNGなので、まず最初に50円玉~10円玉位の大きさの量を掌につけましょう。  髪質や長さ、WAXの種類にもよりますが、おおよそこれくらいでOKです。  そして、両手でこすりながらよ~く掌全体に伸ばしましょう。 次に、髪の内側から外側へ向かって根元が立ち上がるように均一につけていきます。 ショートヘアで立たせて動きを出す場合は、同じようにWAXを手で伸ばしたら、毛先中心に全体につけていきます。てを振りながらつけるとやりやすいです。 動きを特に出したい場合は握りながらつけましょう。  これらは髪の毛が乾いた状態で行ってください。 全体に均一にいきわたったら、襟足やサイドの髪を整えていきます。  前髪は最後に整えます。  途中、WAXが足りないなと思ったら、少量ずつ足していきましょう。 最初から前髪につけすぎると、前髪がへんに束っぽくなったり、油っぽくなったりしてしまうことがあります。 根元の立ち上がりやボリュームが欲しい場合は、WAXをつける前にドライヤーで根元を起こしておきましょう。  ツヤが欲しい場合は、WAXをつけた後にドライヤーの弱風で軽く熱を与えてあげるとツヤがでるのでオススメです。 これが基本的なWAXのつけ方です。これらのつけ方はWAXの種類やスタイルによって微妙に変わってくるので、分からないことがあったら普段担当しているスタイリストさんに聞いてみるのもいいかと思います。 是非WAXで髪形を楽しんでください!! A
Q.人種による髪の違い
A.ほとんどの人が黒髪である日本人ですが、最近は髪を染めている人が年齢を問わず多くみられるようになりました。 アジアだけでなくアフリカにも黒髪が多い一方で、欧米人は茶色やブロンドヘアーが多く、国や地域によって髪色には違いがあります。 髪色が人種によって違う理由は、「メラニン」の種類と量の違いによるものです。メラニンとは肌の基底層と呼ばれる部分で作り出されるメラノサイトから生成されます。このメラニンが、紫外線などを浴びても肌の真皮層まで届かないようにバリアをしてくれます。 そして、メラニンの種類によって、人の髪や肌の色が決まります。メラニンにはユーメラニンとフェオメラニンの2つがあります。ユーメラニンが多いと濃い髪色となり、フェオメラニンが多いと黄色や赤色のある髪色になります。色の濃い黒髪の人種はモンゴロイド(アジア人)に多く、金髪や栗毛色の髪はコーカソイド(白人)に多くみられます。 このように、日本人はユーメラニンの含有量が多いので、髪の色が黒くなるという訳です。 メラニン色素というと、シミの大敵とイメージされる一方で、紫外線から肌を守り、髪や肌の色を決める大切な役割も果たしています。 同じ人種でも髪の色が違うのはなぜか、濃い髪色を作り出すユーメラニンを多く持つ日本人ですが、同じ日本人の中にも「烏の濡場色」と形容されるようなツヤのある真っ黒な髪の色の方もいれば、少し茶色みを帯びた髪色の人もいます。 このように、同じ人種にもかかわらず髪色に違いが出てくる理由は、メラニンの量が人種の違いだけでなく、個人によっても差があるためです。ユーメラニンとフェオメラニンはすべての人が持っており、含有量には個人差があります。そのため人種が同じであっても髪の色に髪色に差が生まれるのです。 また、髪の色は遺伝が関係しているといわれています。メラニンの含有量は遺伝による影響が大きく、子どもの髪色は両親の持つ髪色の遺伝子によって決定します。 髪の色が決まる仕組みとは、 上記のように、髪の色は人種によっても個人間でも大きな差があります。では、髪の色が決まる仕組みはどのようになっているのでしょうか?先ほど述べたように、メラニンにはユーメラニンとフェオメラニンの2種類がありますが、髪色の濃淡はユーメラニンが決め、髪の黄色味や赤色はフェオメラニンの作用によるといわれています。 フェオメラニン自体は赤褐色ですが、その濃度が高いと赤色が強くなり、低いと黄色味を帯びた色や象牙のような色になります。赤色の髪と黄色味を帯びた髪は全くイメージが違うため、メラニンの種類も違うのではと思われますが、もとは同じフェオメラニンから髪色が作られています。 そして、ユーメラニンよりも科学的に安定しているのがフェオメラニンです。よく、髪のブリーチを繰り返しているうちに髪の毛がだんだん赤味を帯びてくることがありますが、これはユーメラニンが脱色剤によってすぐに破壊されてしまい、フェオメラニンが目立ち始めるためです。フェオメラニンは破壊される速度が遅いため、その結果色が強く出てしまうのです。 このように髪色の仕組みはメラニンの含有量のバランスによって作られています。 髪の色はメラニンの量や種類、人種、個人によって差があり、同じ人種でも遺伝によって髪色に違いが生まれます。これらはユーメラニンとフェオメラニンと呼ばれるメラニン色素のバランスや濃度によるもので、モンゴロイドはユーメラニンが多く、コーカソイドにはフェオメラニンが多いという特徴があります。 髪の色は人によって少しずつ異なりますが、その人がどんな人種に属するのかを現すサインともいえるでしょう。o
Q.マツエク中は睡眠しても平気?
A.マツエクを付けてる間は常に 目をつぶっている状態なので 気がついたら眠っていたり 中にはずっと目を閉じたまま 会話をして起きている方もいらっしゃいます。 マツエク中は眠っていても平気ですが、たまに睡眠中に目が急に開いたり、体が寝返りをうとうとしたりするのでその時に マツエクが変な所についたりするので睡眠を禁止している マツエクサロンもあります。 Wizでは特に睡眠を禁止にははしていないので リラックスした状態で 施術をさせて頂いております。 また、狭い部屋が苦手な方、 目をずっと閉じてるのが苦手な方もいらっしゃいますので お声かけ頂ければすぐに対処もできますので安心していただければと思います。 ぜひご来店お待ちしております! H.I
Q.レイヤーカットってどんなスタイル?
A.よく耳にするレイヤーという言葉。『レイヤー=段』を意味するということはなんとなく知っていても正直よくわからないという方が多いのではないでしょうか?簡単に説明すると、どれも髪をすいて軽くするカットなのですが、レイヤーカットは、髪の下の方が長くて上の方ほど短くなるように切るカット。グラデーションカットは、レイヤーの逆で、髪の上が長くて下の方ほど短くなるように切るカットで、マッシュなどのイメージです。シャギーは、毛先の方ほど髪をすいていくカットで、毛先のほうが毛束が細くなっていく感じです。どのカットも仕上がりのイメージは変わるので、美容室で「髪を軽くしてください!」というときはどのカット方にするか聞いてみて下さい★実は、レイヤーカットは人気がありまして、まず第一に『小顔効果がすごい!』というところですね。顔まわりに動きが出るので、顔そのものを小さく見せてくれるんです。後は、髪に動きがつきやすくやすくなるのと、レイヤーカットをする事で髪を空気が通りやすくなるのでドライヤーで髪の毛を乾かす時間が短時間で終わるのと、夏っぽい軽さや動きをプラスしてくれるのもレイヤーカットの特徴ですので是非、お試しくださいませ♪
Q.ハイライトとローライトの違いは?
A.明るさを出す「ハイ」とは対照的に、 暗さを演出する「ロー」。 言葉の印象的にも真逆なこの2つ。 意外と美容師さん以外の方にはわかりづらいんじゃないか? という事で、この2つに迫ってみたいと思います! ※ハイライトの特徴 ・色で軽さを演出する ・ベースの色よりも明るい色の線を加える ・髪色が明るい雰囲気になる ・シャープなイメージや立体感がうまれる ・ハイライトの上から被せる色がキレイに出やすい ※ローライトの特徴 ・色で重みを加える ・ベースの色よりも暗い色の線を加える ・髪色に締まりがでて引き締まる ・小顔効果がある ・馴染みやすい どうですか? やはり対照的なんですが、 両極端なので微妙な違いもあります! また、2つを組み合わせてヘアスタイルをつくる事も可能です! よりデザイン性のあるスタイルになり、 一目置かれるヘアスタイルになれるでしょう。 ぜひ髪の毛の色に制約のない方は、 一度試してみて下さいね! R
Q.ベビーオイルは髪につけて大丈夫?
A.もともと赤ちゃんの肌を保護する目的で作られたオイルですが、最近はスタイリング目的などでウェット感を出すために髪につける方もよく見かけるようになりました。 ベビーオイルは、主に「ミネラルオイル」が成分だと言われています。 ミネラルオイルとは、石油を精製し、不純物を取り除いたオイルのことです。 ミネラルオイルは、「温度や湿度で変質しにくく、肌に浸透しない」という特徴があると言われています。 つまり、肌にうるおいを与えることが目的なのではなく、赤ちゃんの肌を保護し、それによって乾燥を防ぐことが主な目的のオイルなのです。 ベビーオイルを髪につけたときの特徴は、「髪に付けすぎるとベタつく」「シャンプーで洗い落としにくい」という2点です。H この2点を理解した上で使用しましょう。 髪の毛のべたつきが気になって、シャンプーで2度洗いをした場合などは、髪の毛が乾燥しないよう、その後のヘアケアをしっかり行うようにしてください。
Q.アクセントカラーって何ですか?
A.アクセントカラーとは大きく分けて2種類の意味があります。 一つは一般的にお客様の用語として使われる場合です。この場合のアクセントカラーとは、通常の(ベース)カラーの中にハイライトやローライトおくなど、部分的に違う色を入れることでメリハリや立体感を出すことを言います。 文字通りアクセントをつけるカラーのことを指してアクセントカラーと呼びます。 もう一つは一般に美容師用語として使われる場合です。この場合のアクセントカラーは、より彩度の高いカラー剤を指します。 通常使われるカラーのラインナップには、ブラウンやレッド、アッシュ、マットなどがあります。こういった普通のカラー剤だけでは再現できない、より彩度の高い色味を出したい場合にプラスアルファで髪質に合わせて使われるカラーリング剤のことを、アクセントカラーと呼ぶ時こともあります。 n
Q.『美肌づくり』はなにから始めればいい?
A.皮膚は『皮膚常在菌』といって皮脂を分解し弱酸性に肌を保ってくれるバリア菌で守られています。現代人は、ほとんどの人が「洗いすぎ」と言われています。古くなった角質や余分な角質はお風呂に浸かって15分程度で剥がれ落ちるのが一般的。余分なものが剥がれ落ちた身体をさらに洗浄剤で洗ったりタオルでこすったりスクラブしたりすることで、必要なものを逆に取りすぎてしまっているんです。 美肌の状態を維持するためには、皮膚常在菌が活動しやすいようにときには「洗浄料を使わない」という選択だって必要だったりします。そうすることで今日も、皮膚常在菌は働きやすくせっせと肌の艶を生み出してくれます! おすすめは、洗浄力が強いものと弱いものと2種類用意しておくのがおすすめです☆ 洗顔後肌がつっぱったら、洗いすぎ!というワードを意識してみるとわかりやすいですよ(^_^)☆Y
Q.割れたファンデーションを元に戻す方法はありますか
A.ファンデーションを落として割ってしまったことがある方は多いのではないでしょうか 大体の方は、あきらめて捨ててしまうことが多いとは思いますが、実は復活させる方法があるんです 今回はその方法についてご紹介させていただきます。 手順 ①割れたファンデーションをチャック付きポリ袋に移し、スプーンなどで細かく砕きます。 ②砕いたファンデーションを元のケースに戻します。こぼれやすいのでスプーンを使って丁寧に移し替えるのがおすすめです! ③ファンデーションの上からラップをかけ、指の腹を使って押し固めます。一気に強く押すと、また割れてしまう可能性があるので、  ゆっくり優しく押さえましょう。 ④冷蔵庫で一晩冷やします。食べ物の匂いが付いてしまうこともあるので、袋に入れて冷やすといいですよ。 皆様も是非試してみてください。 М
Q.ミントシャンプーの効果とは?
A.ミントシャンプーの ミントはヘアケアによって どういう効果があるのか 説明していきます。 ミントの効能はヘアケアに取り入れることで、「頭皮の乾燥・ベタつき予防」「血行促進」「殺菌効果」といった効果が期待出来ます。 「頭皮の乾燥・ベタつき予防」 ミントの持つ清涼感によって、頭皮の乾燥やベタつきなどの違和感を改善することが出来ます。 特に頭皮環境が悪化しやすい夏場に効果的になります。 「血行促進」 ミントには、頭皮の血行を促進する作用が期待出来ます。 ミントを取り入れながら頭皮をマッサージすると、さらに血行促進効果が増します。 「殺菌効果」 頭皮の毛穴には雑菌が溜まりやすく、臭いやかゆみの原因になります。 ミントの殺菌効果によってこれらが発生しにくくなります。 以上のことからミントシャンプーは様々な効果があります。 当店の系列に夏限定で ミントシャンプーがあるので 是非試して下さい。 s.r