グレージュハイライト

Before

写真:Before 写真:Before 写真:Before

髪の長さはミディアム〜ロング程度。 髪の明るさはベースが9レベル程度、ハイライトが少し入っています。 1ヶ月前にカラーをしていて抜けた際に赤っぽくなってしまうのがお悩みです。 今回は前回入れたハイライトを生かしてコントラストをより強調していきます。

After

写真:After 写真:After 写真:After

髪の明るさはベースが6〜9レベル、ハイライトは14レベル。 あえて根元を暗めのカラー剤で抑えることで巻いた時の陰影がつき立体感が出ます。 カラーはグレージュ。 今回は赤みを消すためにややマットよりのアッシュでベースを染め、ハイライトにオンカラーをする際にラベンダー系のカラーをオンしてグレージュを作っています。 これだとハイライトとのコントラストもはっきりしますし、ベースカラーの赤み感も出さずに染めれるのでおすすめです。 ハイライトの入れ方は表面を少しだけ外し大人向けのハイライトに仕上げています。

Before

写真:Before

After

写真:After

※髪の状態によって
施術できないケースもございます。

八千代店TOPページ 八千代店のBefore After投稿一覧

この記事を投稿したスタッフ

Before After トップへ戻る

関連記事

写真:Before 写真:After
艶感アッシュカラー くびれスタイル

色はイルミナカラーのアッシュ系であるオーシャンを使いました。補色としてバイオレット系を少し混ぜて持ちを良くしています。カットは、くびれができるように表面からレイヤーを入れることでアレンジが効くようにしました。

写真:Before 写真:After
ハイライトベージュウルフ

表面を中心にハイライトをいれ、ベースのカラーにベージュ系のカラーを入れました。 ハイライトのみ入れるだけだとベースの明るくなった部分がハイライトと重なり、ハイライトが見え辛くなってしまうのでベースのカラーもおすすめです。 カットはレイヤーを入れウルフベースのスタイルに。ウルフベースのスタイルとハイライトの組み合わせは◎ 仕上げはストレートアイロンで外はね。スタイリング剤はバームを使用しています。

写真:Before 写真:After
アンブレラカラ-

大胆にハチ下をケアブリ-チを使い、17レベルまで抜きました。 ハチから上に関しは、色で迷われていましたので、前回と真逆のカラ-をご提案させて頂き、イルミナカラーのスタ-ダストの7レベルを使用してよりアンブレラカラ-を引立たせました。 インナーカラ-のお色は、ブロンドに寄せたいので、12レベルのイルミナサファリを使用しました。 カットは、お顔周りのサイドバングを前回同様に作りました。 仕上げは、32ミリのコテを使い、巻き、仕上げにN°オイルを使いました。

タグ検索