検索

Q&A

Q.ノンシリコントリートメントとは
A.ノンシリコントリートメントとは直訳するとシリコンの入っていないトリートメントのことを言います。髪の指通りをよくする為に使用する人工の高分子ポリマーの正体がシリコンです。 一般的なトリートメントには必ず配合されています。化学合成のシリコンの中には頭皮や髪に刺激を与えてしまうものもあるため、髪の健康を損ねてしまう可能性があります。 ノンシリコンは先ほども言いましたが、シリコンの入っていない事を指します。 髪の健康を損ねてしまう成分が入っていないのなら無添加で安心なのでは?と思う方もいると思いますが、実は代表的なシリコンが入っていない、というだけでシリコンの代用になる合成界面活性剤や半合成ポリマーなどが配合されている場合もあるのです。 ノンシリコントリートメントの選び方はシリコンの代用となる「合成界面活性剤」や「半合成ポリマー」など頭皮や髪に悪影響がある成分が配合されていないものを選ぶようにしましょう。 ノンシリコントリートメントでこれらの成分が配合されていないものは本当に髪に優しいトリートメントと言えます。 値段は高くなるかもしれませんが、髪の健康をいつまでも保つためと考えると安いのかもしれませんね。ノンシリコンに力を入れているブランドやメーカーもありますのでチェックしてみると良いでしょう。洗い流すタイプより洗い流さないタイプの方が髪の補修効果が高くなります。 基本的な使い方は普通のトリートメントとほとんど変わりません。シャンプーで汚れを落とした後にトリートメントをつけて、しばらくなじませてから洗い流すという流れになりますが、なじませる時間に気をつける必要があります。 ノンシリコントリートメントは油分で髪の毛をコーティングする様になっているので、時間をおきすぎるとベタベタになってしまいます。浸透したかな?と思ったらすぐに優しく洗い流すようにしましょう。
Q.縮毛矯正とブリーチは両方施術できますか?
A.できるかできないかでお答えするとできます。 ただ、おすすめはしません。 縮毛矯正をしたあとブリーチをするとダメージによっては切れる場合があります。 そして縮毛矯正の持ちも悪くなります。 ブリーチを先にした場合でも同じことが起こりえます。 どうしてもやりたいという方はブリーチを全体ではなくメッシュにしたり、毛先だけにしたりしてダメージを最小限にする方法があります。 その他にも明るめのカラー剤にブリーチを少し混ぜてダメージを弱くする方法もあります。 お店にて担当の美容師さんとしっかりカウンセリングして最善の方法を導き出すのがいいと思います。 F
Q.カラーの直後のシャンプーはいつからしていいの?
A.カラーが髪に定着するのは48時間と言われています。 ですので、まだ定着してきていないその日の夜にシャンプーをしてしまうと、本来なら時間をかけて髪に定着するはずの染料を洗い流してしまう可能性があります。 カラーの後は薬剤の作用でキューティクルが開きやすい状態ですので、普段髪を洗う時以上にキューティクルが開き、染料が流出しやすい状態です。 そのためなるべくその日、もしくは2日間は時間を空けてシャンプーをした方が退色せず、色の持ちも良くなります。e
Q.パーマ後どれ位時間空けてシャンプーするのが正解?
A.パーマをかけるとスタイリストから「24時間以上は時間を空けてシャンプーして下さい」なんて言われませんか?ですが、整髪料で最後仕上げして、パーマ液の臭いもして、時間を空けずに今すぐシャンプーしたくなっちゃいますよね。 ですが一度ストップです!! パーマをかけたばかりの髪はとっても敏感な状態。できるだけ髪を濡らすようなことはしない方が無難です。 パーマは、パーマ液で髪の成分を崩してから髪を巻き、また崩れた髪の成分を戻すというメカニズムになっています。一度骨を折ってからギプスをつけるようなもの。かなり髪には負担のかかる施術です。 更に、髪は濡れている状態が一番ダメージを受けやすくなってしまいます。パーマ液でダメージを負った髪を濡らすということは、また大きなダメージを受けることになってしまいますよね。しかも市販のシャンプーでは洗浄成分が強すぎて刺激となってしまうことも考えられます。 ですから、髪を一晩安静にさせておくためにも「24時間は時間を空けてシャンプーするように」と言います。 実は、パーマをかけてから24時間経たずにシャンプーをしても、すぐにパーマがとれてしまうというわけではありません。ただ、パーマの持ちが悪くなりパサパサとした手触りになってしまう可能性があるのです。 パーマがとれたり、髪の手触りが悪くなる原因のほとんどは髪の傷みによるもの。だからパーマ直後のシャンプーで髪を傷めることがないよう、シャンプーは時間を空けた方がより長くキレイにパーマをキープしやすくなるということなんです。 シャンプーの種類によっては、パーマをかけてからあまり時間を空けなくても良い場合もあります。パーマをかけたその日にシャンプーをしたいなら、洗浄力のマイルドなシャンプーを使ってみて下さい。マイルドなシャンプーであれば、パーマ後すぐにシャンプーをしてもパーマがとれやすくなる心配も少なくなります。 ベビーシャンプー」や「アミノ酸シャンプー」ならパーマをかけてからあまり時間が経っていなくても安心して使えます。特に、アミノ酸シャンプーは通常のシャンプーよりもマイルドで低刺激な洗浄成分になるよう「アミノ酸」が配合されているパーマヘア向きのシャンプー。パーマ後のシャンプー選びに迷っているなら、まずはアミノ酸シャンプーを試してみるといいです。 パーマをかけてから時間を空けずにシャンプーをするときに一番大切なことは「フワフワにシャンプーをしてしっかりすすぐこと」です。低刺激でマイルドなシャンプーを使い、フワフワに泡立てることで髪へのダメージを最小限に減らすことができます。 また、熱めのシャワーはパーマヘアには刺激が強すぎるので注意。いつもよりちょっとぬるめのお湯で頭皮まで水分を浸透させてからシャンプーをすることも大切になります。熱すぎるお湯だと髪の毛の表面が傷ついてしまう場合があり、頭皮があまり濡れていない状態だとシャンプーの泡立ちが悪くなるので気を付けて下さい。 ちなみに、トリートメントは軽く数分つけておくだけで充分。長時間ヘアパックをしてトリートメントが髪に残った場合、かえって逆効果になることがあります。ですから、トリートメントは髪に伸ばして軽く手ぐしをする程度にしてしっかりとすすいでお風呂を出るようにしましょう。
Q.市販の寝癖直しってどおなの?
A.寝癖は黄色人種に多く、黒人の縮れ毛はもちろん、白人の細くて柔らかい髪は寝癖になりにくいようです。 原因は、髪の主成分のケラチン分子間に水素結合が起こるためと言われおり、その水素結合を緩めなければならず、水だけでは髪の毛の表面を濡らすだけで、内部まで水分が浸透しないので時間がかかるようです。 メーカーによって特徴があるようですが、瞬間的なスピードで直るのです。この水は電位をもっていて、イオン結合によって瞬間的に髪の毛の中心部に到達するそうです。スプレーしてドライヤーをあてるだけで、確かに瞬間的な速さで直ります。 Y.R
Q.ヘットスパとは?
A.ヘッドスパは頭部中心に温泉の意味であるスパを施すという、日本の造語。主に理髪店、美容院で行われる頭皮ケアを中心とした技術体系、またはこれに付随した整髪料そのものを指す場合もある。「ヘッドスパ」の名称は美容器具メーカーであるタカラベルモント社が平成14年に命名し、平成15年に商標登録された。それまでは「ヘアエステ」「ヘッドケア」など、類似した技術に各メーカーが独自のネーミングをしていたが、これらは次第に影を潜め、「ヘッドスパ」が一般的になった。 主な内容 はインドの伝統的医学であるアーユルヴェーダが起源とされており、「頭皮のクレンジング」「マッサージ」「髪の修復」が主な要素となっている。頭皮のツボの指圧やオイルの塗布、人の手によるマッサージなど、これらは単なる洗浄に加えリラクゼーション効果もあるため、美容院やヘアサロンだけでなくエステサロンやヘッドスパ専門店などでも導入されるようになった。
Q.洗い流さないトリートメントって重要なの?
A.洗い流さないトリートメントというものは、アウトバストリートメントとも言われている、お風呂上がりに髪の毛をドライヤーで乾かす前につけるもの の事を言います。トリートメントと言ってるだけあって付けることはもちろんプラスですが、付け過ぎたりしてしまうと返って枝毛の原因になってしまうこともあります。まず前提として、髪の毛というものは美容室でカラーやパーマをしたのはもちろんですが何もしていなくても無意識のうちに日常生活を送っているだけで傷んでしまうものです。その原因として①紫外線を浴びる②外の乾燥した空気に触れる③寝る際枕との摩擦が起きる。など何もしなくてもダメージを与えてしまうものです。それ加えてカラーリングやパーマをするとダメージが進行しやすい髪の毛になってしまいます。ですが、カラーリングやパーマをすると一方的にダメージが増えていくわけでもなく、適切なホームケアをしてあげることによりそのダメージの進行を和らげることが出来ます。1番はお客様の髪質にあったシャンプーを使う事ですがそれにプラスaで洗い流さないトリートメントをしてあげることにより髪の毛をよりいい状態に保つ事が出来ます。洗い流さないトリートメントにも種類がたくさんあり、オイルタイプとミルクタイプの2種類に分かれておりその中でも効果は様々で、「紫外線からの熱から守ってくれるもの」「速乾性の効果があり早く乾くようになるもの」「髪の毛全体のまとまりが良くなるもの」などお客様のお悩みにそった洗い流さないトリートメントをご紹介できます。髪の毛のダメージやパサつきが気になったらまずは洗い流さないトリートメントによるホームケアで少しずつ改善していきましょう。 k.n
Q.白髪って改善できるの?
A.頭皮マッサージが効果的です!そもそも白髪になる原因は加齢や紫外線からのダメージによる色素細胞の衰えや損傷があげられます。白髪が発生するのは髪色を作る色素であるメラニンが不足するからなのですが、このメラニンを合成しているのがメラノサイトという細胞です。メラノサイトは毛根の下部に位置しており、頭皮から栄養を受け取ることで正常に働きます。 ところが、血行が悪くなっていると、例え十分な栄養を摂取していても、メラノサイトに充分に栄養が供給されません。するとメラニンを作るための働きが鈍くなってしまいます。 そうすると白髪が増えてしまいます。そこで、頭皮の血行不良を改善し血流をよくすると、白髪の予防・改善効果が期待できます。効果的な頭皮のマッサージを教えます!①耳のコリをほぐす→両耳をつかんで軽く引っ張りながらもみほぐす。さらに引っ張ったままキープ②おでこをほぐす→軽く手を握って、握った両手を眉頭の上に押し当て、眉毛を持ちあげるようにくるくる円を描くようにマッサージ③頭頂部をほぐす→頭頂部に指を広げて置いてくるくる動かす。頭皮を骨からはがすイメージで④側頭部をほぐす→握りこぶしの平らな面を押し当て円を描くようにほぐす。⑤後頭部をほぐす→握りこぶしの平らな面を上下に動かしてほぐす。襟足の方まで⑥老廃物をリンパから流す→手を広げて頭頂部から耳の後ろを通って鎖骨までスッキリ感じるまで流す。これを1日1回やってみてください!お店でもヘッドスパあります!頭がほぐれてかなりスッキリすると思うのでぜひ試してみてください!!S
Q.いつも同じカラーになるのを変えたい!!
A.カラーの色味って、ベースの髪の色に左右されますので、わかりやすく言うとブリーチとかしたり、カラー剤でも明るい色で染めていて、ベースが明るいと色が出やすいです。   元々の髪の色が暗かったり、そんなに明るくないと色は出にくいです。 誰もが携帯でスタイル画像を見れる時代なのですが、スタイル画像は加工されていたり光の調節などで、髪の色がいい感じで載っているので誤魔化されていることがあります。   あと元々持っているメラニン色素の量によっても髪の色が左右されます。 例えば、アッシュやマットにしてもらっても、いつも赤やオレンジな感じになってしまう人。   お仕事のよっては特に髪の明るさが制限されてしまうので、色味が出にくい人ほど、いつも同じようになってしまうということなんです!!   こういう人の場合はダブルカラーをするか、または全体を明るくできないならハイライトで少し色を抜いてからカラーをして色味を入れるのも有効ですよ。   次にオススメなカラーですよね。 ここ何年かはアッシュがベースなカラーが多いですね。 外国人風カラーなど、外国人のような柔らかい透明感ある質感カラーにしようとメーカー各社新色など作っています。 グレージュカラー、ブルージュカラー、ネイビーカラー、ヌーディカラー等。   また、第3のカラーと呼ばれるイルミナカラー。 コーティングしてツヤを出すカラーです。 このコーティングが髪に良いとは思えませんがコーティングする分、ツヤツヤになります。   オーガニックカラーはイマイチ良く分かりません。 髪に良いカラーなんて聞いたことないですし、髪のダメージを気にしているなら、根元の伸びた部分だけ染めるリタッチがおすすめなので、リタッチだけなら、何のカラーでもそんなに大差ないと思います。 ただダメージを抜きに考えたら、色変えるのはいいですよね。 気分も変わりますし、なんか変えたいと思う気持ちも分かりますので、色んな色やってみると良いですよ。 その時は、是非担当のスタイリストにご相談してみてくださいね!! N
Q.毎日シャンプーしているのに夕方になるとあぶらっぽくなります。どうしたらサラサラになりますか?
A.最近シャンプーを変えたりしましたか? 最近のシャンプーやトリートメントは、カラーやパーマで傷んだ人の髪用に、保湿成分が多く、人によっては保湿しすぎて、逆にベトついてしまう事があります。このような時は、新しいシャンプーをやめて、いつものシャンプーに戻すのがおすすめです。 また、体質や年齢を重ねて、皮脂が出やすくなってきている事も考えられます。 ダメージ防止対策に、しっとりタイプのシャンプーを使っている人が増えていますが、ベタつきがでた時は。頭皮用のクレンジングシャンプーや、サラサラタイプのシャンプーに交換するのがおすすめです。 トリートメントやスタイリング剤の使い方はどうですか? 保湿をしたいからトリートメントをたっぷり付けすぎていませんか? 髪の根元と毛先では、髪のダメージの状態は違います。根元からトリートメントをつけてしまうと、毛先はサラサラなのに、頭皮がべたつく原因になってしまいます。トリートメントは、髪の中間から毛先にかけてつけるようにしてください。 アウトバストリートメントやスタイリング剤の付け方、商品の間違った使用方法でベタつく原因にならないように、いつでも相談して下さいね!! また、過剰に皮脂が出たり、頭皮湿疹などが出ているなど症状の場合はお医者様に相談してみてください。T
20 / 38« 先頭...10...1819202122...30...最後 »