検索

Q&A

Q.子供の髪は大人用のシャンプーを使わない方がいいのー??
A.薬事法に、子供用と大人用の区別は、シャンプーにはありません。 ただ、子供用と書いてあるシャンプーがあるから不安になりますよね? まずは、洗浄力から。 子供(年齢にもよりますが)は、大人より新陳代謝が高いです。 赤ちゃんなど髪の短いお子様は、夕方には皮脂でベタベタしていたりしませんか? 汗や皮脂分泌が子供は多く、何もしなくてもしっとりしてきます。 あせもや湿疹ができやすいのもそのためです。(肌のph値が高くなるため) あまりにも、洗浄力の低いシャンプーは肌疾患の原因になります。 しかし、大人との違いは、スタイリング剤、トリートメント、オイルなどつけていない。 そのため、比較的汚れは落ちやすいです。 まずは、よくお湯で洗い、少量のシャンプー剤を使うようにすれば、何を使ってもOKなのではないでしょうか。 成分について。 子供用シャンプーの特徴は、石鹸系、ベタイン系、アミノ酸系が多いです。 特に、ベタイン系、アミノ酸系は優秀なシャンプーです。 大人の方にもおすすめです。 内容もシンプルになっていて、全成分表示をみても少ない種類で作っていることが多いです。 そのため、アレルギーの心配が少なくてすみます。 ただ、しっとりする成分も少ないので、静電気に悩まされるのは、そのせいでしょう。 総評すると、美容室で販売しているようなシャンプーでしたら何も問題なく使用できると思います。 心配でしたら、子供用をおすすめします。 市販のシャンプーでも、年齢用やダメージ用、ものすごいしっとり用以外でしたら大丈夫だと思いますよ。s
Q.子供の髪の毛が絡まった時のとく方法
A.お子さんの髪の毛は細いのでとても絡まりやすいと思いますが、どうしてもとけなくなってしまっても切らずにとく方法がありますのでご参考にしてください! 髪は濡らしても濡らさなくてもどちらでもいいと思いますが、少し濡らしてからの方がトリートメント剤の馴染みがいいかもしれませんので、スプレーで垂れない程度に水分を与えてから トリートメント剤を擦り込んでみてください。少しずつコーム等でとかすと簡単にほぐれます。 赤ちゃん等の後頭部などもよく絡まってしまう事がありますが同じ方法で優しくといてあげてください。 できれば日々シャンプーの後に絡まりやすいところに薄くトリートメントをつけてあげてケアをしてあげると絡まりにくくなるので是非やってみてください。K.O
Q.いつも同じ髪型で飽きてしまいました。変化させるポイントは?
A.たまにはイメチェン!、ってふと思うときありますよね。 気分的に心機一転したくなったり、雰囲気をかえたいなどの時にヘアスタイイルを変えるのはとても効果的です。 ただ、いざ変えようと思ってもなかなかヘアスタイルが思い付かなかったり、長さをバッサリ切るのはちょっと・・・などイメチェンしようにもなかなか踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか? イメチェンするにあたって髪型が変化しやすいポイントがあります。 1、前髪【ミリ単位で変化が出る。分け目を変えたり、うすくしたり】 1、顔周り【顔の補正なども出来る。】 1、レイヤー・グラデーション【長さの印象は変えずに雰囲気を変化】 バッサリ切らなくてもイメージを変えることも出来るので、ぜひご相談ください。TK
Q.ショートにしたいと思っていますが髪の量が多いので広がらないか不安です。 大丈夫でしょうか?
A.広がってしまうかって一番気になりますよね、、。ですが、お客様の骨格、生えグセに合わせたデザインカットをする事で、収まり良く、綺麗なシルエットを見せる事が出来ます。 ただ量をすくだけではかえって広がりパサつきやすくなってしまうので一度、ご来店いただいて、ご相談してみると良いと思います。 どうしても広がりが気になる方には当店では、コスメクリームを使ったトリートメントストレートというメニューをオススメしています。 髪質に合わせた薬剤により、ダメージを最小限に抑えながら ボリュームダウンする事が出来るので、オススメです!S
Q.2018年の冬のトレンドメイクは?☆
A.立体感を残したマットメイクもキーワードとなりそうですがこの冬の目元のメイクでもマット系のしっかりリメイクが流行の兆しとのことで、要チェックなんです。特に、アイラインをしっかり引き目元を強調した上でシャドーでぼかしを入れるスモーキーアイメイクはこの冬の目元にぜひ取り入れたいトレンドの要素ですよ。また、2018年〜2019年の冬のメイクでは久々に目尻のアイラインを上向きに描くキャットラインもトレンドインの見み込みですので、パーティー等の席でメイクに取り入れるとより華やかな仕上がりになりますよ。尚、冬のメイクではトレンドの多様化も見られ、従来のしっかりメイクとは一線を画すナチュラルな目元もこの冬の旬のアイメイクとなりそうですので、 TPOにあわせてフレキシブルにメイクのやり方に変化を持たせるのもいいアイデアですね。秋のメイクでも注目を集めたダークカラーのトレンドは基本的に2018年〜2019年の冬のメイクでも健在でボルドーやバーガンディーといった深みのある赤系や暖かな印象が冬にぴったりのショコラなどのブラウン系がこの冬の口元をシックに彩りそうです。 存在感のあるハンサム眉やしっかりアイメイクといった 主張する他のパーツに負けない口元は、ダークリップを 取り入れたトレンドメイクで実現するのが今季風ですね。 n
Q.カラー当日にワックスや整髪料を洗い流したい。色落ちさせない方法は?
A.ぬる目のお湯でシャンプーしてあげたり、あまり髪の毛をゴシゴシし過ぎず、揉み込む感じでシャンプーすることやしっかりとすすいだ状態でシャンプーをする、などの工夫をすることが大事です。 ワックスや整髪料を洗い流しながら、色落ちも防げます。 カラー当日にシャンプーしないほうがいい理由は空気中の酸素と触れ合い酸化作用が進み、カラー剤の定着も良くなるからです。 ですが完全に空気酸化をする前にシャンプーしてしまえば、色はかなり落ちてしまいます。 お風呂上がりにハンドドライをしっかりして、濡れたままにせずしっかり乾かすことが大事です。I
Q.寝ぐせを簡単に直す方法は?
A.朝の忙しい時間で髪のセットにかける時間は平均で5分前後と言われています。男性は髪が短いのでシャワーでジャー!っと濡らしてしまうほうが早くて手っ取り早いですよね★女性はいちいちぬらして乾かしてなんて時間はありません!けっこうお客様に聞くと水や寝癖直しでぬらしてドライヤーするけどなおらない!という声を聞きます。朝の寝癖を早く直す方法は、根元の方(地肌)をぬらしましょう!寝癖直しのスプレーでなく水で十分です!根元から濡らすことでうちまきにしっかり入りやすくなったりハチまわりの浮きやはえぐせもいうことをきいてくれるようになります。朝の時短に参考にしてください!Y
Q.メイクのノリが悪いのはなぜ?
A.朝から化粧ノリが悪いと、1日のテンションも下がってしまうものですよね。大切な用事がある日の朝ならなおさら。今回はそんな「化粧ノリが悪い」という悩みをお持ちの方へ、化粧ノリが悪くなってしまう原因や、そんな時に試してみてほしい対策、上手なメイク方法などについてご紹介します。化粧がなじまない、浮いて見える、すぐによれる、崩れる、ムラになる、粉浮きする、くすんで見えるそんなことありませんか?では、化粧ノリが悪くなってしまう主な原因を4つご紹介します。化粧ノリが悪い原因の1つとして、皮脂が多く肌がべた付いているということが挙げられます。皮脂が多いと、肌とファンデーションの間に皮脂がたまり、肌に密着しづらくなるため、ファンデーションが浮いてしまうことがあります。また時間がたつにつれてファンデーションがよれてしまったり、少し肌を触っただけで取れてしまうのも、皮脂量の多さが原因となります。化粧ノリが悪い原因の2つめは、肌の水分が失われ、乾燥してしまっていることです。肌が乾燥すると肌のキメが乱れ、角質層の表面が剥がれてカサカサしたり粉を吹いたりしてしまうことがあります。キメの整った肌ならなめらかに伸び広がるファンデーションでも、このように乾燥した肌ではうまくなじまず、ツヤのないカサついた肌に見えてしまうのです。間違った肌のお手入れや、紫外線による影響によって肌の水分は失われ乾燥しやすくなります。化粧ノリが悪い原因の3つ目として、お手入れ不足で毛穴が詰まったり古い角質がたまったりして肌がごわつき、コンディションが悪くなってしまっているということも考えられます。ファンデーションを伸ばしても肌がつるんとなめらかにならなかったり、ザラザラ・ぶつぶつとした肌触りが気になるということはありませんか?このように肌のコンディションが悪くなっていると、うまくファンデーションが伸びたりなじんだりせず、ムラになってしまったりツヤが感じられない肌に見えてしまいます。生活習慣の乱れも、化粧ノリが悪い原因となります。寝不足が続いたり食生活が乱れると、肌荒れを起こしたり肌の状態が悪くなってしまったという経験はありませんか?生活習慣の乱れは、簡単に肌の乱れとなって現われます。化粧ノリが悪い原因は見つかりましたか?簡単に始められるものばかりなので、できることからはじめていきましょう!R
Q.ファッションカラーとグレーカラーの違いは?
A.美容室では白髪染めのことをグレーカラー、おしゃれ染めのことをファッションカラーというように使い分けて使用しています。まず、グレーカラーとは色持ちが非常に良い、白髪をカバーできるというのがあります。デメリットとしては暗い色で染めると色がなかなか抜けなくなる、薬剤のパワーが強い、赤みが出やすいというのがあります。ファッションカラーでは、メリットとしては鮮やかな色味を出すことができる、かなり明るくすることもできる、赤みを消した外国人風カラーができる というのがあります。デメリットとしては色持ちが悪い(白髪染めと比べると)、白髪は染まらないというのがあります。まとめると一番の違いは染料(ブラウン)の濃さです。グレーカラーには白髪を染めるためのブラウンが高配合されていて色持ちは良いがカラーチェンジがしにくいというのが特徴です。ファッションカラーはアッシュ(青)やピンクのような鮮やかな色味だけを入れることができ色持ちは悪いがカラーチェンジがしやすいというのが特徴です。このような両方のメリットとデメリットを考慮してカラーは調合させていただいておりますので、ぜひ、お待ちしております。
Q.日常生活での髪のダメージってどんなものがあるの?
A.まず、洗髪 洗うときの摩擦で、髪の毛同士が擦れ、ダメージを受けます。強い洗浄成分を使うと、髪の成分が流出してしまいます ブラッシング 髪をとかすときに、くしと髪の毛、または髪の毛同士が擦れてしまいます。 ドライヤー/ヘアアイロン ドライヤーの熱風が、髪の毛の水分をとばしすぎてしまうことがあります。高い熱を与えると、髪の性質が変わってしまうことがあります。同じタンパク質である卵に熱を与えると生卵がゆで卵に変わる原理と同じです。 紫外線 紫外線によって、髪の毛が変色したり、髪の性質が変わったりしてしまいます。 s