検索

Q&A

Q.塩基性カラーとは?
A.塩基性カラーとは、普通には聞き慣れないヘアカラーですが、一般的なドラッグストアなどでも購入できるカラートリートメント」の正式な名称を「塩基性カラー」といいます。 カラートリートメントでは、美容室専売だけでなく一般市場でも販売されるようになっており、さまざまな人が使いやすいヘアカラーの1種になっています。 ヘアカラー剤は大きく分けると「永久染毛剤のアルカリカラー」と、「半永久染毛剤のマニキュアやカラートリートメント」に分類されます。 分子が大きく髪の内側には浸透せず、髪表面に付着してイオン結合することで色を付けることができます。 アルカリカラーはジアミンなどが配合されている通常のヘアカラーに使われるもので、反対に半永久染毛剤はマニキュアなどの酸性染料と言われるダメージが少ない(ほぼない)というヘアカラー剤になっています。 「+」電化を帯びており、髪が「-」の電化を帯びている状態、つまり髪の状態がアルカリに傾いているほど、染まりが良くなります。 塩基性染料だけでは、色数が少ないため、HC染料のようにさまざまな色合いを出せないのがデメリットにはなりますが、ジアミンフリーなので頭皮が弱い方でも安心してお使いいただけます。 塩基性染料とは、2001年の国の規制緩和で使用できるようになった染料です。 塩基性染料も酸性染料と同じように、分子が大きくプラスの電荷を持ち、毛髪表面のマイナスの電荷とイオン結合することによって、色が定着するようになっています。 毛髪内部までの浸透はしないのでヘアカラーに比べて、格段に色持ちが下がってしまうのがデメリットです。 さらに化学反応も起こさないために、髪や頭皮に負担はないものの染料の染着は髪の表面のみとなります。 ym
Q.白髪って抜くと増えるって本当?
A.白髪が生えてくると気になってしまう方多いですよね?白髪を抜くと増えるか?と言うとそんな事はありません。もちろん減ることもありません。 白髪は、メラニン色素をつくる働きが衰えることで発生します。色素が供給されなくなれば髪の毛に色がつかないため、自然と白いまま生えてくると言う事になります。 抜こうが抜くまいが、その毛穴からはすでにメラニン色素が充分に供給されなくなっています。何らかの対策をしないかぎりは、同じ毛穴からはずっと白髪が生えることになります。 ですが、抜いても問題がないのかというと、そうではありません。 ムダ毛を引き抜くのがトラブルの元となるように、無理に白髪を抜くと、毛穴周辺の皮膚や毛細血管に傷がつき、毛嚢炎など、頭皮の炎症を起こす場合があります。 また、毛母細胞が繰り返しダメージを受けると、髪の毛そのものが生えてこなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。 白髪を見つけたら、抜かず、根元からカットするか、白髪染めなどで対応するようにしましょう。      A
Q.ツイストスパイラルパーマとツイストパーマの違いは何ですか?
A.☆ツイストスパイラルパーマ 部類でいうとツイストスパイラルパーマはスパイラルパーマになります。 捻じりを加えることにより、普通のスパイラルパーマよりも細かい動きだったり 跳ねるような動きを作ることができます。 かなりの無造作感が出ます。 立ち上げやすくもなるので細かいパーマがお好みの方にオススメです♪ ☆ツイストパーマ 簡単に言うとちりちりパーマです! ただちりちり感も捻じり具合で変えることができます。 かなり強めたい場合は捻じりを強くして、弱くしたい場合は捻じりをゆるくします。 仕上がりの雰囲気が変わりますので 写真や画像などを参考にして色々なパーマをお試しください(*´▽`*) Q
Q.刈り上げとツーブロックの違いとは
A.刈り上げ・・・もみ上げ付近、耳周り、襟足などを、バリカンやハサミなどで短く(普通は3~9ミリ位)刈っていって徐々に上の髪が長くなる髪型を基本的にはいいます! ツーブロック・・・一般的に多いツーブロックは、サイドや後ろの髪を短く刈り上げ、上の長い髪を短い部分にかぶせたヘアスタイルをいいます! 刈り上げた部分を常に見せる他に、普段は長めの髪で隠れて見えないようにもできます。最近はツーブロックを求める方がとても増えています!サイドがぼわっと膨らんでしまうかたなどはもみ上げ部分をツーブロックにするとスッキリ落ち着きますのでオススメです。 まとめると、 違いは、徐々に上が長くなるか、刈り上げ部分と別物で上が突然長くなるかの違いになります。K.O.
Q.サロンカラーと市販カラーの違いってそんなにあるの?
A.『美容室でのカラーとセルフカラーは違います』  これだけ間違いありません。というのも、キチンとした理由があるんです! 1 薬剤の違い 髪の毛を染める仕組みは大差ないのですが、染めた後の髪のダメージが変わってきます。 よくある泡カラーは泡状になるので、自分で塗るときに塗りやすく毛が長い人でも足りなくなりにくい様に作られています。 使った事のある方も多いと思います。 でも美容室にはありません! 『泡カラーは毛が傷みやすい』そして『均一に塗れない』『キレイに塗り分けできない』のが理由です! 2 トリートメント成分の違い 「カラーをすることで髪の毛が傷むばかり」 と考えられている人も多いですが、実は美容室のカラー剤そのものにトリートメント成分が含まれているものが多いです。 (美容室用のカラー剤も低価格のものだとほとんど入っていないこともありますが) 対してセルフカラーの薬剤は、別途でトリートメントは付いていますがそれはあくまで一時的に手触りを良くするためのもの。 簡易的なシリコン剤なので、一回か二回のシャンプーでほとんど落ちてしまいます。 セルフカラーの高級薬剤には美容室向けのカラー剤を作っているメーカーが製造したヘアカラー剤もあるので、市販のカラー剤はすべてトリートメント成分が入っていないということではありませんが、やはりしっかりと配合されているものはほとんどありません。 「あれ?美容室でカラーだけをしてトリートメントはしていないはずなのに何故か髪の状態、手触りが良くなった…」 と感じたことがありませんか? それはサロン用のカラー剤に元々含まれているダメージ補修効果、トリートメント成分の効果なのです。 3 オキシの違い この、6%3%というのはカラー剤の2液で”オキシ”と呼ばれる過酸化水素水の濃度の事です。 髪の毛を明るくしたいときはしっかりキューティクルを開かないといけないので、6% 暗くしたいときは無理して髪の毛に負担をかける必要もないので3% このように使い分けます。 キューティクルを開く力が強いということは髪を傷めやすいということですからね。 ※例外として白髪染めは暗くする場合でもしっかり色を入れる必要があるので6%をつかいます。 市販のカラーには6%しかない 美容室でカラーする時は、ヘアカラー剤を作る時に3%か6%どちらか選んで作ります。 必要に応じて6%だったり、これ以上髪に負担をかける必要がなければ3%。という具合です。 しかし市販のヘアカラー剤はそんな選択肢ありません。 市販のヘアカラー剤に使われているのは『6%』です。 6%は濃度が濃いので髪の毛にかかる負担も大きいです。必要のない部分に使っても無駄に髪の毛が傷むだけです。   そもそも薬剤の成分が違う 市販のヘアカラー剤と美容室向けのヘアカラー剤が決定的に違うところ。それはヘアカラー剤の中身です。 美容室のヘアカラー成分は、『揮発』といって髪の毛の負担になる成分を空気中に逃がすことができます。 しかし市販のカラー剤ではこの揮発成分の使用は認められていません。 『残留』と言って髪の毛の中に残ってしまいます。 4 塗り方の違い 髪の毛には、染まりやすい部分と染まりにくい部分があります。それに、塗っている最中からすでに発色が始まっている。 この2つをキチンと考えないとキレイな仕上がりにはならないのです。 自分で塗ったら根元だけ明るくなってしまった!という失敗は、体温を計算されていなかった!と言うことです。    これだけの違いがあるんです! しっかり知ってきれいなヘアカラーを楽しんで下さい!         N  
Q.黒染めと暗染めの違いは?
A.仕事や就活で髪を暗くしなければいけない時に黒染めをしなければいけないなんて事があると思いますが世間一般的に言われている黒染めは基本的には色がずっと変わらず黒く退色などもあまりしないようなものです。メリットはずっと黒いまま色を保っていられます。デメリットは一度黒染めをした髪の毛はかなり明るくなりにくいです。一方、最近よく聞く暗染めとはなんなのかと言いますと暗くはなるのですがお洒落に暗くするカラーの事です。黒は黒でも少し青っぽい色を足してブルーブラックにしてみたり、グレーを足してくすんだ外国人風の黒にしてみたりできるのが暗染めです。デメリットは色の持ちはずっと暗いままではいられずに大体2週間過ぎ頃から退色が目立ってくると言われています。これらの事を参考に黒染めにするのか暗染めにするのかご検討ください!k
Q.ショートスタイルを維持するにはどれぐらいのスパンで美容室に行けば良いですか?
A.そのスタイルをキープされたい方には30日〜45日(約1ヶ月)をお勧めしてます。食品に賞味期限があるように、スタイルにも賞味期限みたいなものがあって、伸びていく段階で重さだったりポイントの位置が微妙にズレていきます。あくまでもキープという前提ですが、伸びていく段階も楽しんでいくであれば毎回カットする必要もなく、カラーやパーマなどをかけたりでスタイルチェンジもできイメージも変えられます^_^ 髪のコンディションによっても変わる場合もありますので、そのためのアドバイスもできますので是非ご相談ください^_^z
Q.クリープパーマってなんですか?
A.少し専門的な話になりますが、まずクリープパーマの「クリープ」とは「ずれる・変形する」という意味です。パーマ行程において、パーマの1剤をつけて中間水洗をした後にロットを巻いたままで放置しておく。 そうするとその状態で最も無理のない場所に毛髪内部の間充物質がゆっくりと移動し、安定化します。これを「クリープ期」といいます。熱や湿度を加えることでより一層クリープが進みます。 1番の特徴は、クリープ期を使うことにより薬の付いている時間が少なくなるのでダメージを最小限に抑える事が出来ます。また、パーマのリッジ感とウェーブ保持力が、約1,2倍~1,5倍 UPすると言われています。 デメリットとしては、手間や時間がかかるという事です。通常のパーマより20~30分位多くかかってしまいます。 クリープパーマはWiz志津店では☆☆☆パーマのメニューになりますので、興味ある方は、是非担当スタッフにご相談下さい!
Q.食事をするたびに口紅を食べているような気がするのですが、大丈夫でしょうか?
A.口紅は、女性にとって欠かせないアイテムの一つですよね。 しかし、毎日塗っているとどうしても、食べ物と一緒に口に入ってしまうこともあると思います。 直接食べているわけではなくても、それが何回も続くと、体に害がないか不安になってしまいますよね。 結論を言ってしまうと、現在口紅に含まれている成分は、口の中に入っても害がないものがほとんどです。 最近は特に、安全性を厳しくチェックされたものが使用されていますし、口紅に使用されている色素は、 もともと自然界に存在しているものなので、人体に毒性を示す可能性は非常に低いといわれています。 酸化防止剤などの配合もごく微量なので、人体に影響を与えることはほとんどありません。 とはいえ、人によって肌質はそれぞれですし、色々なメーカーさんの化粧品が出回っている分、 自分に合うものもあれば、合わないものもあるかもしれません。 まずは一度使ってみて、かゆかったりしみたりしてしまった場合は、 自分の体質に合っていないということなので、無理に使い続けるのはやめましょう。M
Q.カラーシャンプーを使ったらとれぐらい色を保てるのか
A.最近話題のカラーシャンプー! お店で染めた色味を1ヶ月経った後でもキープするサロン専売品です。 一番の色落ちの原因はシャンプーにあります。 地肌、髪に優しくカラーの色素の流出を防ごうとするものがカラーシャンプーです。 髪にやさしいものなので洗い終わった泡をすぐ流すのではなく少しの間放置して馴染ませるとよりいいです。浸透することによって色持ち効果もあがります。 赤味がある髪に染めた場合にアッシュ味が強いシャンプーだと相性がよくありません。 赤味には赤味を、アッシュより青よりにはそれにあったムラサキよりのシャンプーをオススメします。 ただ注意点もあります。色味をキープするものなので手に少し色味が移ったりカラーをする予定の前日などにカラーシャンプーをしっかりやりすぎると染まりの影響が悪くなる事もありますので使用法などはご相談ください。y.i