検索

Q&A

Q.パーマが取れやすいです。持ちを良くする方法はありますか?
A.パーマのかかりや持ちが悪い原因として考えられるのは *髪の毛のキューティクルの枚数が少ない *髪の「芯」となるメデュラの有無 *髪の毛のシスチン結合の量が少ない などがあげられます。 パーマの持ちを良くする方法としては *薬剤と熱によってかけるデジタルパーマにする *シャンプーをヘマチン配合のシャンプーに変える(ヘマチンにはパーマやカラーによる残留アルカリを除去する効果があります) *普段から自宅でもトリートメントを行う *ドライヤーで乾かす時にアウトバストリートメントを使う *くしで髪の毛をとかしすぎないようにする などがあります。 髪質的にどうしてもかかりや持ちが悪い方にはシステイン配合薬剤を使うパーマやクリープパーマという特殊なパーマのかけ方があるのでそちらもおすすめです。 M
Q.キューティクルとは何ですか?
A.キューティクルとは紙の表面を覆う薄い層のことです。 一般的な人は3~4層が重なり合い、うろこのように髪の表面を覆っています。 髪が濡れているときだとキューティクルは開いた状態なので濡れているときは髪は痛みやすいです。 ドライヤーで乾かしたほうがいいというのを美容師からよく聞くと思いますが、これが理由のひとつです。 キューティクルがしっかり整っていることで髪にツヤが出たり、指通りがよくなったりしますが 反対にキューティクルが剥がれてしまうと髪にツヤが出なくなったり、指通りが悪くなります。 キューティクルが一度剥がれたりしてしまうとどのケアをしても元に戻らないので 毎日のケアがとても大事になってくると思います。    I
Q.髪の毛の伸びる早さってどれくらい??
A.髪の毛は1日に0.3mm〜0.4mm、つまり1ヶ月では1cm前後伸びると言われています。 もちろん、遺伝やその人の健康状態・生活環境、また年齢の違いなどで、髪が伸びる早さは人それぞれですが、平均的にはこの長さが一般的であると言われています。 「それよりもっと早く伸ばせないの?」とお申し出方も多いのでは? 正直に言うと、伸びる長さをすぐに早める方法はありません。なぜなら、髪の伸びを決めるのは、遺伝や今までの環境などさまざまな事が要因であるから。 ただ、一般的に髪の健康に育つのに良いとされる事を行うことで、健やかにきれいに髪を伸ばす事はできます。 まずは睡眠をしっかりとることです。 睡眠中は、栄養補給により全身が修復され、新陳代謝が進む時間だからです。 もし睡眠が足りないと、髪に栄養な供給が十分に行われないまま終わってしまうからです。 そして次にバランスの良いと食事をとることです。 髪が成長するには、主に3つの栄養素が大きく関わっていきます。 それは「たんぱく質」「ビタミンB群」「亜鉛」。 これらの栄養素を意識して摂取するとよりよいでしょう。K.O
Q.朝と夜で2回シャンプーするのは駄目ですか??
A.1日に2回のシャンプーはおススメはしていないです。 洗いすぎてしまうと必要な脂まで落としてしまうことになります。 落としすぎてしまうと乾燥を引き起こしてしまったり乾燥を防ごうとして脂を余計にだすようになったりして頭皮環境が悪くなる可能性が高くなります。 1日の汚れを夜のシャンプーで落として朝はシャンプーはせずに蒸らすだけにするかコンディショナーだけやトリートメントだけにすることをおススメします。 S
Q.抜け毛が多い時期とは?
A.抜け毛が多くなる原因は、 ・食生活の乱れ ・ホルモンバランスの乱れ ・ストレス ・頭皮環境の乱れ など原因はたくさんあります。そのなかでも、1年を通して抜け毛が多くなる時期があるって知ってましたか?? 一番抜け毛が多くなる時期は、すばり『秋』です!少ない時期と比べると抜ける本数は数倍になります。 夏の紫外線で頭皮が弱ってしまったり、夏バテにより栄養がかたよってしまったりというのも原因のひとつです。 動物の毛のはえかわりと一緒で、人間も季節によって体毛の変化があるので、秋と春は抜け毛が多いとも言われています。 ヘッドスパは頭皮環境が整い、香りでリラックスできストレスやホルモンバランスの乱れにも効果があるので、抜け毛が気になる方にはとてもおすすめです!! Y
Q.炭酸シャンプーの効果って?
A.炭酸シャンプーには、血行促進効果や、カラーやパーマ等の残留アルカリを除去してくれる効果がありますよ!「炭酸」と聞くとシュワシュワしたイメージを思い浮かべる人が多いと思いますが、実際はシュワシュワではなく少しスースーした感じのものが大多数です!ちなみに美容室で扱っている炭酸シャンプーには「二酸化炭素」が含まれていますが、市販の炭酸シャンプーには入っていない場合が多くあまり意味がありません。裏の成分表示を確認して「二酸化炭素」の表記がなければそれは偽物!(代わりに炭酸を演出するために「擬似炭酸」や「炭酸ガス」といった成分が含まれています。)本物の炭酸シャンプーは「二酸化炭素」が含まれているものです。なので炭酸シャンプーはぜひ美容室でお買い求めください!wizで扱っているものはしっかりと二酸化炭素が配合されていますよ! ◎頭皮の状態によっては少し痒みが出たりする場合がありますので、ご使用の際には頭皮の状態等、スタイリストさんとご相談下さい! t.s
Q.髪の傷みが進行すると髪はどうなるの?
A.・キューティクルが剥がれ、ガサガサした手触りに ダメージヘアの初期症状は手触りの変化で分かります。 なめらかな指通りだった髪がゴワゴワとしてきて、次第に髪が絡まり引っかかるようになります。 これは髪がダメージを受けてキューティクル層の結合が弱まり、キューティクル浮かびあがり始めた状態です。 ここで適切な処置を行えば、比較的早く美しい髪へと戻す事が可能です。 ・切れ毛が目立ち始める 髪がダメージを受け手触りの悪さを感じても、改善する事なく髪への負担をかけ続けると、次第に切れ毛が目立ち始めます。 切れ毛の症状が現れるのは髪の中にあるタンパク質が減少して、髪が弱くなっている状態です。またゴムを使用するパーマなどでゴムの部分に薬液が溜まり、髪の一部分だけが細くなっている場合も切れ毛の原因となります。 ・チリチリの髪になりゴムのように伸びる。そして切れる。 ダメージヘアの最終段階になると、チリチリの状態になり水分も無く人形のような髪になります。 水に濡らすとゴムのように伸びますがプチプチと切れてしまいます。さらにこの超ダメージヘアの問題点は臭いを吸収しやすく、すぐに髪が臭くなってしまいます。ここまでくるとシャンプー等での改善は不可能で髪を切るしか問題を解決する手段はありません。 この状態になる前に適切な処置を取る様にしましょう。M
Q.アップバングをキープするセットの仕方は?
A.アップバングをキープしやすくするには、、、 ①ワックスを10円玉くらい手にとり、よーく伸ばします。 ②全体の根元近くにワックスをつけます。  (前髪は少し多めに) ③シルエットを整えながら手に残ったワックスを毛先になじませます 根元近くに多めに、毛先は少なめにワックスをつける感じです! 毛先の方に多めにつけちゃうとワックスの重みでペタッとなりやすくなるので、根元に多めにつけた方がアップバングをキープしやすくなります!! ちなみに、同じ方法でトップもふんわりをキープしやすくなるのでおススメです☆ S.O
Q.髪の毛の傷みのケアは必要ですか?
A.髪の毛は日常生活でもダメージを受けます。ダメージが原因でパサついたり、まとまりが悪くなることがあります。 カラーやパーマなどをし続けると更にダメージが進行しやすいため ご自宅でのヘアケアやお店でのヘアケアが必要になります。 髪の毛のダメージの修復はできるのですが、あくまでダメージの進行をとめたり指通りをよくしてくれたりといった効果がでてきますので、ダメージを過激に受けている毛髪に対してはなかなか以前のように戻るのは難しいです。そのためこまめなケアが必要になってきます。 普段の生活でドライヤーの熱やブラッシングの摩擦、紫外線もダメージの原因になるので ご自宅での洗い流さないトリートメントをオススメしております。お店でのカラーやパーマなどの施術によるダメージケアでトリートメントをオススメしているのでヘアスタイルチェンジの際はダメージケアをオススメします。 a.k
Q.ブリーチ毛にパーマはかけれる?
A.ブリーチの状態にもよります。 まずパーマには1剤2剤というのがあります。 1剤で髪の毛の中の結合を切断し、2剤によって切断した結合をつなぎ合わせて、パーマがかかります。 髪の毛が極端に傷んでいる場合、この結合を切る時に髪の毛が耐えられなくなってしまうのです。 ブリーチは髪の毛の中にあるメラニン色素を壊すことにより、色素の少ない透明感のある髪の毛の色を作ることが出来ます。しかし、色素を壊すということは同時に髪の毛のタンパク質を傷つけてしまい、髪を守ってい暮くれているキューティクルもボロボロにしてしまうのです。 それほど強力な薬なのです。 パーマは髪の毛の中の結合を切る力があります。 結合を切るので髪の毛にも負担をかけます。   ブリーチでたんぱく質が傷ついてしまい弱ってしまった髪の毛は、このパーマの力に耐えることができないのです。 いくつか症状はありますが、ビビると呼ばれる毛が縮れた状態になったり、髪が溶けてしまうように弾力が全くなくなってしまったり、最悪の場合、断毛といって毛が切れてしまうこともあります。 ここまで「ブリーチはパーマができない!」と説明させていただきましたが、それは「基本的にはオススメできません」ということであって、パーマが出来る可能性は0ではありません。   ブリーチをしたけど、タンパク質がパーマが出来る程度に残っている髪の毛ならパーマをすることが出来ます。つまり1回程度のブリーチならかけることも可能なの場合もあります。 担当者とよく相談してからをオススメします。 Y