検索

Q&A

Q.綺麗にマスカラをぬりたい!
A.マスカラが綺麗にぬれない!ダマになっちゃうそんな方には、まず初めに、スクリューブラシでまつげをとかします。次に塗るときですがマスカラの液だまりをティッシュオフします。 (マスカラがダマになりにくくするためのひと手間です。マスカラの容器で液だまりを落とす行為も、マスカラの液が乾いてダマの原因になるので控えましょう。)上まつげの中央部分からマスカラを塗ります。 (根元にブラシを押し入れて、軽く左右に揺らしながら毛先まで引き抜きましょう。)次に目頭、目尻の順にまつげにマスカラを塗ります。 (ブラシをタテ気味に根元から外側の方向へ引き抜きます。)根元にさらにブラシの先端でマスカラを重ね付けしていきます。 (ブラシをタテに使って1本1本丁寧に塗りましょう。) マスカラのタイプはお客様のなりない印象でボリュームタイプやロングタイプなど使い分けるとおススメです!n.h
Q.グラデーションカラーやインナーカラーはブリーチは絶対必要ですか???
A.外人風の雰囲気をつくりやすいグラデーションカラーや、個性的な色を楽しみやすいインナーカラーですが、その際に、他の部分とはしっかりと差をつけるためにブリーチはよく使います。 ですが、ブリーチを使わない場合はあるのでしょうか? 答えは『あります』。 そこまで他の部分との色の差が欲しくない場合だったり、ダメージを考慮する場合にはブリーチを控えての施術もあります。 ですが、最近の良く目にするヘアカタログなどでのグラデーションカラーやインナーカラーのスタイルは基本的にブリーチを使用している場合がほとんどです。 よりオシャレに、より個性的に可愛くしたい場合にはブリーチは必須になってきます。 ブリーチはとても繊細で難しい技術なので、自分ではせずに慣れたスタイリストにやってもらうのが、ダメージも防げますし色もかなりキレイに出ますので、是非その際にはお店でのブリーチをオススメします。a
Q.産後の抜け毛について
A.産後の抜け毛は「脱毛症」といわれることがありますが、病気ではなくごく自然な産後の体の変化なので、心配することはありません。 妊娠中はホルモンの分泌量が多く、髪の成長期が長く続きます。 出産後ホルモンの分泌量は正常に戻り、髪は成長期から休止期へ入り、産後3か月頃から髪が抜け落ちます。 命をかけて新しい命を生み出した勲章だと思って頂けるといいと思います。 前髪はある程度伸びるまでツンツンしてしまって大変ですが、重めの前髪を作ったり、ぱっつんにしてみたりとその時にしかできないスタイルを楽しんで見てもいいと思います。 m.m
Q.メンソールって頭皮にいいもの?
A.だんだんと気温も暑くなり、クーラーなど涼しくなる機械、アイスなどの冷たい食べ物などに頼ってしまうこの季節! 美容室でもメンソール配合の季節限定のシャンプーなども多く取り扱っております。 でもスースーするシャンプーって頭皮を刺激したり悪影響なんじゃないの?などの疑問もわくかたもいらっしゃるとおもいます! 実は、、、 問題ありません!! メントール成分は、神経の冷感受容体を刺激する作用があります。 触れた箇所の神経が、本当は冷たくないのに「冷たい!」と思い込んでいるのです! メントール入りの洗髪材は、頭皮を冷たくして清涼感を出しているのではなく、脳が冷たさを感じているだけ。 逆に脳に行き渡る事により、血流を良くして代謝がよくなります! なのでぜひおすすめですよ♪ ただし、市販品のものだと洗浄力の強いものもあり、頭皮が乾燥してしまいやすいのもあるので、美容専売品のものの方がよろしいかと! ぜひこの暑い季節! 体験してみてくださーい♪ y
Q.ホームケアトリートメントの意味って?
A.最近ホームケアのトリートメントがついてくるトリートメントメニューが増えていますがお客様の中にはついやるのを忘れてしまったや、やる理由が明確ではない方が結構いらっしゃいます。   美容室でやるトリートメントはしっかりと髪に栄養や水分入れてそれが逃げ出さないようにコーティングをしているものが多いです。 コーティングは一週間ほどで徐々にはがれてくるので栄養が流れないように再びコーティングをし直すものがホームケア用のトリートメントになっています。 なのでやってからの日にちが空いてしまうと効果も弱くなってしまうので決められた日にちでお使いいただくことが大切です。 Wizではヘッドスパやトリートメントの種類なども豊富に取り揃えているのでお客様一人一人の髪質や生活リズムに合ったトリートメントをおススメさせて頂きます。
Q.パーマを長持ちさせるためには?
A.まずは、パーマをかけた当日は髪を洗わないことです。パーマを定着させるために、できれば当日と翌日は洗髪を控えたいところです。髪が傷むときれいなカールが出ないので、洗った後にはトリートメントもしっかり行いましょう。髪を乾かすときは、ブラシを使うとパーマが伸びてしまうので、ハンドドライをするのが基本です。当日以降も、トリートメントや乾かし方に気を付ければ、長くパーマを楽しめます。e
Q.朝シャンプーはいいの?
A.最近は朝シャンプーをする方は増えましたよね。 朝にシャンプーするのは髪の毛や頭皮に良くありません。 なぜかと言うと、、、 ・必要な皮脂などを取り除くために抜け毛や薄毛の原因になってしまう。 シャンプーは頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除きます。 一見、頭皮が綺麗になり、汚れも取れてすっきりしたような気がします。 しかし、この皮脂には髪や頭皮を紫外線などから守る役割があります。 なので、朝外出する前にシャンプーをして皮脂汚れを取り除くと頭皮が紫外線をモロに受けることになるのでそのダメージの積み重ねが抜け毛などのトラブルに繋がってしまうのです。 ・しっかりすすぎが出来ない。 朝って皆さん忙しいですよね。 特に女性は我々男性に比べて身支度に時間がかかります。 当然朝シャンプーをしようものなら夜にシャンプーするときと比べ、慌ただしくシャンプーすることが多いと思います。 するとしっかりシャンプーもできない、すすぎもしっかりできない… 結果、シャンプー剤が頭皮に残ってしまい、炎症やかゆみを引き起こしてしまいます。 以上が朝シャンプーのダメな理由になります。 あまりおススメはしませんがどうしても朝にシャンプーしたいという方はこれだけは気を付けてください。 ・毎日は朝シャンプーをしない。 ・時間に余裕をもってしっかりすすぎを行う。 ・夜は必ずシャンプーをすること。 参考にしてみてください。w
Q.目を大きく見せるメイク方法は?
A.「目を大きく見せたい!」「メイクで目を大きく見せられる?」とお悩みではありませんか? そんな女の子の願いを叶えてくれるメイクには、特別なアイテムやスキルはいりません。いつものアイメイクをちょっと変えるだけで、目を大きく見せることが期待できるのです。今回は簡単にできる、目を大きく見せるメイクのご紹介です。目を大きく見せるにはまず、アイメイクから変えましょう!目を大きく見せるアイメイクのポイントは、「立体感」と「広がり」です。ポイントを意識しつつ、アイライン、アイカラー、マスカラ、それぞれのアイテムごとのメイク法を見てみましょう。①ラインを目幅より長めにひく。リキッドタイプのアイライナーで、本当の目幅よりもやや長めにラインをひきましょう。 そうすることで、目に横への広がりを作ることができます。初めから長めに描くことを意識しすぎると不自然になってしまうので、まずは目の形に合わせてラインを引きます。目頭側は0.5㎜程度、目じり側は目じりがまっすぐ横に伸びたイメージで5㎜ほど、書き足します。②アイシャドウでグラデーションを作る。アイシャドウは目の際から二重幅に向け、グラデーションをつくるようにのせましょう。そうすることで、目元に立体感が生まれ、目を大きく見せることが期待できます。ホワイトやピンク系の明るいアイカラーをアイホール全体に広げます。チップではなくブラシまたは指で広げると、薄付きできれいに仕上がります。 目の際にラインを引く感覚でブラウン系の濃いカラーを載せ、グラデーションを意識して二重幅までぼかし広げます。③涙袋を作る。下まぶたに涙袋を作ると、下まぶたに立体感が生まれ、目を大きく見せることが期待できます。下まぶたに目の形をなぞるような感覚でホワイト系のアイカラー(またはアイライナー)を太めにのせます。ブラウン系のアイブロウペンシルで涙袋の下に細くラインを引きます。涙袋のふくらみによってできた影になる部分です。自然に見えるようチップや綿棒でぼかします。③マスカラで上下のまつげを放射状に広げる。ロングタイプのマスカラで、まつげを放射状に広げましょう。そうすることで、目に広がりが生まれ、目を大きく見せることが期待できます。これだけでもだいぶ違います!是非やってみてください。R
Q.Q.日焼け止めのもち時間はどのくらい?
A.A.日焼け止めの持続効果を表している数値がSPFです! これはUVB波を防ぐ効果があります! UVA波の防止効果を示す数値がPAで+の数が多くなるほど、紫外線防止効果があるます! また、紫外線を浴びて皮膚や日焼け止めやファンデーションの成分が熱を帯びてくると、その持続効果も薄れてくるので、一番理想的なのが長時間屋外で過ごす場合には2~3時間おきに塗り直しをする事なんです! もしも室内での活動がメインであれば、SPF25~40ぐらいの日焼け止めで塗り直しも必要ないでしょう。 但し、外にほとんど出ないからといって日焼け止めを全く塗らないのは危険ですよ! その訳は日焼けは大気汚染やブルーライト、窓から差し込む紫外線といった風にいろいろな原因があるからです。 色素沈着が起きやすい要因を取り除くためにも、日焼け止めは年中しっかり塗っておいて下さい。塗る量が足りなかった場合には効果を発揮できない事があるので顔全体にまんべんなく塗る事が大切ですよ! 首やデコルテライン、手なども顔と同様に紫外線にさらされるので、顔と同様にしっかりとケアしていって下さい。 日焼け止めの効果の高いアイテム 日焼け止め効果の高いアイテムイコールSPF数値やPA数値が高いアイテムだと一般的には言われています。 実は他にもお勧めのアイテムがあります。 ・赤外線を浴びる事による肌の温度の上昇を防ぐ効果 ウォータープルーフといった紫外線吸収剤を使用している日焼け止めは、紫外線の熱を吸収して科学反応を起こしながら熱を排出する作用があります。 その際に肌に大きなストレスがかかってしまうのです。 出来れば肌ストレスをセーブするためにも肌温度の上昇を防ぐ作用のある成分配合の日焼け止めを使用するのが良いみたいです! ・ブルーライトの色素沈着を防ぐ効果 最近ではスマホやパソコンを長時間活用する機会が増えてきています。特に保湿効果や抗酸化作用の高い成分が配合されていると、紫外線を浴びて肌が乾燥するのを防いだりメラニンの排出を促す事が出来ます。 ・肌の色ムラを隠したり保護効果が高いアイテム 夏場などの紫外線を多く浴びる時期には、シミやくすみ、肝斑が目立ちやすくなってしまいます。 日焼け止めで肌の色ムラを隠す事が出来るとファンデーションを厚塗りする必要もなくなります。 紫外線によるメラニンや大気汚染、ニキビ菌などから肌を保護する作用のある日焼け止めを選ぶと肌のコンディションを保つ事が出来ます。 ・肌のバリア機能を高める効果 元々人間の皮膚には、0.02mm程ですが膜があって、紫外線や細菌の侵入を防いだり肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。 加齢によって肌機能が衰えていたりアトピーなどの敏感肌の人は、膜のバリア機能が弱まってしまいます。 なので日焼け止めの成分の中に肌のバリア機能を高める成分が配合されて物を選ぶと良いでしょう。 日焼け止めを選ぶ際にこういったプラスアルファの効果が臨めるアイテムを選ぶと、紫外線によるメラニンの蓄積や色素沈着も防ぐ事が出来そうですね。 メイクしている時間が長い事も考慮して、高性能で肌に優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。 日焼け止めの塗り直しのタイミングを紹介 日焼け止め 日焼け止めも屋外と室内といった風に過ごす場所が違う場合には、効果を持続させるためにも塗り直しが必要な場合があります。 今回は日焼け止めの塗り直しのタイミングについて、シチュエーション別に紹介してきます。 シチュエーションによって塗り直すタイミングも違ってくる 日焼け防止も屋外と室内、夏場と冬場や雨や曇りの日だと、降り注ぐ紫外線の量や汗をかく量によって、効果の持続性にも変化が出てきます。 これからシチュエーション別に、日焼け止めを塗り直すタイミングについて紹介していきます。 海や屋外プール 屋外の水場での日焼けは、空から降り注ぐ紫外線だけでなく水面に反射した紫外線も浴びる事になります。 出来ればSPF50、PA++++といった日焼け止め効果が高い物を活用するのがお勧めです。 塗り直しのタイミングはだいたい2~3時間が理想的です。 もしも敏感肌で紫外線吸収剤を使用しているウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用するのが難しい人は、SPF30前後、PA++前後の日焼け止めを1時間おきに塗り直すと良いです!でも1時間おきといった風に頻繁に塗り直すのが大変な場合には、SPF50の日焼け止めを使用した方が、持続力は高いです。水や汗で流れ落ちたり紫こまめに塗り直す方が良いでしょう。 日焼け止め成分が紫外線によるメラニンを吸収している間に塗り直すと、メラニンが表皮の内部へ侵入してくるのを防ぐ事が出来ます。 室内 室内でも窓から紫外線は侵入してきます。 自宅では肌呼吸を塞がないためにとノーメイクで過ごす人も多いようですが、お天気の良い日中では室内にまで紫外線が侵入してきているので日焼け止めが必要です。 ただほとんど外に出ないのであれば、SPF25前後の紫外線散乱剤といった軽めの日焼け止めでもOKです。 塗り直しは朝塗って、お昼に1回程度すればOKです。 敏感肌の方でかぶれるのが気になる方は、3時間おきといった感覚で塗り直すと良いでしょう。 室内だから日焼け止めも塗らない、保湿のためにと美容オイルを日中も塗っているという状態が肌には悪いようです。 お天気の良い日の日中には、美容オイルを塗って紫外線を浴びると余計にメラニンを吸収しやすくなるので注意しましょう。 曇りの日 曇りの日でも紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めは必要です。 特に5月は肌の奥の真皮質まで届くUVA波の量が高いので、曇っているからと油断はできません。 曇りの日も5月といった春先のうっすらとした曇りの日だと、紫外線が届く量もおよそ90%、普通の曇りの日でおよそ50~80%となっています。 そう考えると、春や秋でも夏場と変わらない防備で日焼け防止をしていた方が良いでしょう。 塗り直しもできれば3時間おきぐらいに塗り直すのが、ベストコンディションを保てます。 汗をあまりかかない時期だったら、海辺や屋外プールでなければ紫外線散乱剤でもOKです。 雨の日 雨の日でも紫外線は晴天の日の30%ぐらいは、届いているようです。 日焼け止めを選ぶ際には、SPF20~25、PA+~++程度の物でもOKです。 塗り直しも成分によりけりですが、だいたい1日に1回程度塗り直した方が肌には優しいようです。 日焼け止めは日焼けを予防する目的以外でも化粧下地効果や美肌効果のある成分の物もあるので、そういった高性能な日焼け止めを選ぶとメイクの仕上がり効果もアップ出来ます。 紫外線防止効果がそう高くない日焼け止め程、プラスアルファの効果を実感できます。 真夏の晴天の日の屋外 真夏の晴天の日の屋外は、特に紫外線の量も多いし湿度も高いので要注意です。 出来ればSPF40以上、PA+++以上の紫外線防止効果の高い物を選びましょう。 塗り直すタイミングも、2~3時間といった風に頻繁に塗り直した方が効果も持続できます。 汗をかきやすい人は、ウォータープルーフタイプの紫外線吸収剤を選ぶと良いでしょう。 日焼け止めを塗る以外でも、日傘やサングラス、紫外線カット手袋などを活用して下さい。 手袋や服は、白っぽいカラーよりは黒っぽいカラーの方が、紫外線カットパワーは強化されます。 冬場の屋外 冬場といった比較的紫外線の量が少ない時期の屋外であれば、晴天の日でもSPF25前後、PA++前後の日焼け止めでもOKです。 スポーツをしないのであれば、冬場は汗をかかないので紫外線散乱剤でも大丈夫です。 塗り直しも1日に1回でもOKです。 もしもスキーやスノーボードといった雪の上でのスポーツをするのであれば、日焼け止めもSPF50、PA++++といった最高値の物を使用して下さい。 雪の上は海や屋外プールと同様に紫外線は白い雪を反射して降り注ぐので、真夏と同じレベルの量だと覚悟しておいて下さい。 雪焼けの場合には光の反射の関係で赤くヒリヒリしたり色ムラが出来る焼け方をするので、2時間おきといった風に頻繁に塗り直す事がポイントです。 冬場は特に肌が乾燥しがちなので、日焼け止めを塗る前に化粧水だけでなく美容液もプラスしたりして、保湿効果の高い日焼け止めを使用するといった風に工夫して乾燥を防いで下さい。 日焼け止め効果の持続時間が長い程、肌に優しい成分が配合されている物を選ぶようにするのが肌のコンディションを高めるコツです! また塗り直しのタイミングとしては一番理想的なのは、炎天下の下では時間が許す限り頻繁に塗り直す事です。 最近では日焼け防止効果以外でも、美肌効果やメイクの仕上がりアップ効果といった風に高性能な日焼け止めも数多く開発されているので、そういったアイテムを上手に使いこなすことも大切になります。 日焼け予防も屋外だけでなく、室内にいても窓から差し込んでくる光やスマホやパソコンのブルーライトの光の害もしっかりと把握して、年中日焼け対策を怠らないように心がけましょう。H
Q.マツエクをつけられない場合もあるの?
A.マツエクをしている方が増えてきている今、マツエクが手軽にできるイメージをお持ちの方もいると思いますが、場合によってはまつげエクステの施術が出来ない事があるということはあまり知られていません。 様々な理由によってまつげエクステの施術が出来ない事があるのです。 マツエクのグルーでアレルギー症状が出る場合もあります。過去まつげエクステ施術をした際にアレルギー反応が出てしまった方はもちろん、体質的にアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。まつげエクステによるアレルギー症状のほとんどはグルーによるものですが、過去に使用したものと異なる種類のグルーを用いることで安全にまつげエクステを施術出来る場合もあります。 過去にアレルギー症状が出たからと言って100%施術を受けることが出来ないわけではありません。またその逆で、アレルギー症状は突然出る事もあるので、それまでの施術でアレルギー症状がでたことがなかったとしても今回もアレルギー症状が出ないという100%の保証はありません。 パッチテストを受けることも可能です! パッチテストを受けなくても施術を受けることは出来てしまいますが、アレルギーについて心配がある方はまずはパッチテストを受けることをおすすめします! 結婚式などイベント直前につけたほうがキレイについている状態で式に望めると思われると思いますが、アレルギー症状などの問題があり、直前のマツエクの施術はサロンによっては出来ないところもあります。 ストレスでお肌状態もデリケートになっていて、今までアレルギーなどには無縁だった方でもアレルギー反応がおこる可能性があります。可能性として低くても、万が一アレルギー症状が出てしまい目が腫れたり充血してしまった場合治癒までに時間がかかってしまい、式本番に影響が出てしまう可能性があるため、式直前での施術はおすすめ出来ませんし、実際施術を受けられないサロンが多いのです! ほかにも施術できない場合もあるので、担当者がしっかりカウンセリングさせていただきますので、気軽にご相談ください!T